メイン

2007年01月24日

平成18年度・卓球全日本選手権

DSC_5929.jpg

卓球の全日本選手権は21日、東京体育館で男女決勝が行われ、男子シングルスは水谷隼(青森山田高)が吉田海偉(日産自動車)を4-1で下し、史上最年少優勝の快挙を成し遂げた。水谷は男子ダブルス、ジュニア男子と合わせ3冠を獲得した。女子シングルスは平野早矢香(ミキハウス)が藤井寛子(日本生命)を4-2で破り、2年ぶり3度目の優勝を果たした。注目の中学2年生・石川佳純(ミキハウス)は史上最年少のベスト4進出となったが、準決勝では藤井に3-4で逆転負けを喫し、決勝進出はならなかった。
(C) SportsPress