メイン

2008年10月16日

女子レスリング世界選手権

吉田沙保里が世界選手権6連覇 浜口は銅
NSK_9651-s.jpg
女子レスリング世界選手権 2008 代々木第一体育館

2007年01月28日

吉田が5連覇

yoshida-s.jpg

レスリング・天皇杯は28日最終日、女子55kg級、男子フリースタイル55kg級、60kg級、グレコローマン60kg級の決勝が行われた。女子55kg級は、アテネ五輪金メダリストの吉田沙保里(綜合警備保障)が、坂本日登美(自衛隊)を下し5連覇した。坂本は、世界選手権51キロ級で4度優勝の実力者。今回は階級を上げて女王吉田に挑戦した。坂本は前半、吉田の超高速タックルを低い姿勢でかわし善戦したが、上から崩されてポイントを奪われると連続でポイントを失い敗退した。吉田は連勝を103に伸ばした。
(C) SportsPress

山本Kid 登場

006-s.jpg

山本“KID”徳郁が計量と抽選のため駒沢体育館に現れた。計量では他の選手全員が終わった後、一人だけの別扱い。予定されていた囲み取材もキャンセルされ、明日の初戦に向けて緊張した雰囲気が流れていた。
(C) SportsPress

kid2-s.jpg

浜口が11連覇

005-s.jpg

レスリング天皇杯は、2日目が行われ、女子72kg級は浜口京子(ジャパンビレッジ)が11連覇を達成した。
(C) SportsPress photo:Kenjiro Sugai

2007年01月27日

天皇杯全日本選手権

DSC_6261-s.jpg

レスリングの天皇杯全日本選手権が26日から東京・駒沢体育館で開幕した。女子67キロ級では井上佳子(愛知・至学館高)が初優勝。高校生の優勝は4大会ぶり。男子グレコローマン84キロ級では、松本慎吾(一宮運輸)が大会8連覇を果たした。8連覇は史上2位タイ記録となる。
(C) SportsPress

2007年01月18日

レスリング・天皇杯全日本選手権

1月26~28日東京・駒沢体育館で行われる2006年度天皇杯全日本選手権。男子グレコローマン92選手、男子フリースタイル99選手、女子56選手の計247選手で争われる。男子フリースタイル60kg級には、プロ格闘家の山本“KID”徳郁(KILLER BEE)、同74kg級には、シドニー五輪男子フリースタイル63kg級代表で、アテネ五輪を逃したあとプロ格闘家の道を歩んだ宮田和幸(フリー)が、ともに強化委員会の推薦を受けてエントリーしている。

06男子レス1 089p-s.jpg