« バンクーバーパラリンピック日本選手団発表! | メイン | ジャパンパラリンピック・スーパーコンビ 
~男子座位は森井、立位は三澤が優勝 »

ジャパンパラリンピック・回転 ~立位は三澤、座位は鈴木が優勝。

9日、白馬八方尾根(長野県)で行なわれている「2010ジャパンパラリンピック アルペンスキー競技大会」の初日、回転競技が行われた。

男子立位は三澤拓、男子座位は鈴木猛史が、それぞれ優勝。
また女子座位は、田中佳子が唯一出場。1本目は良い滑りを見せたが、2本目で途中棄権となってしまった。前日夜から降り続いた雨で、コースコンディションは良くなかったものの、ケガ人を出ず無事初日の競技が終った。

◆三澤拓のコメント◆
「1本目は慎重に滑ったが、2本目は攻めることができた。スラローム(回転)は得意。トリノは出るだけだったが、バンクーバーは着実に備えることができている。(今日のようにコンディションが)悪くてもレベルの高い滑りができるようになった。メダルをとりにいきたい。」

■■ 2/9 の競技 ■■

2010ジャパンパラリンピック アルペンスキー競技大会
 会場=白馬八方尾根(長野県)
 種目=回転

■■ 上位選手成績 ■■

【男子立位】
1位 三澤 拓(順天堂大学)
2位 小池 岳太(セントラルスポーツ株式会社)
3位 阿部 敏弘(東日本高速道路株式会社)

【男子座位】
1位 鈴木 猛史(駿河台大学)
2位 狩野 亮(株式会社マルハン)
3位 森井 大輝(富士通マイクロエレクトロニクス株式会社)

【女子座位】
 田中佳子(エイベックス・エンタテインメント株式会社)
 ※2本目途中棄権

※詳細は下記URLをご覧ください。
http://www.jsad.or.jp/kiroku/kiroku2009.htm
──────────────────────

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.slowstyle.com/sports-press/news/mt-tb.cgi/150