« 2009年12月 | メイン | 2010年05月 »

2010年02月11日

ジャパンパラリンピック・大回転
三澤、男子立位で3連勝。男子座位の優勝は谷口

2/11、白馬八方尾根(長野県)で行なわれている「2010ジャパンパラリンピック アルペンスキー競技大会」は、最終日、大回転競技が行われた。

1本目には晴れていた天候も、2本目には雨まじりの雪に変わるという、難しいコンディションの中、男子立位では三澤拓が優勝し、ジャパンパラリンピックの全種目を制した。また男子座位では、地元在住の谷口彰が優勝した。

女子座位では、昨日に引き続きただひとりの出場となった青木辰子が2本ともフィニッシュし、調子が上向いていることを証明した。

◆三澤拓のコメント◆
「今日は雪のコンディションで、ゴールすることが精一杯。それでも、2本ともきちんとした滑りができた。1本目は阿部さんに負けていたけれど、2本目で逆転できてよかったと思う。全種目に勝てたのは初めて。みんなに応援してもらっているので、バンクーバーでも金メダルを獲りにいきたい」

◆谷口彰のコメント◆
「大勢の選手が途中棄権してしまったので、半分満足。自分もところどころで減速してしまったが、優勝は素直にうれしい。今日の雪質が僕には合っていたと思う」

◆青木辰子のコメント◆
「回転だけでなく、大回転の滑りも仕上がりつつある。次の遠征まであと10日あるので、しっかりと調整して、試合で力を出せるようにしていきたい」

■■ 本日の競技 ■■

2010ジャパンパラリンピック アルペンスキー競技大会
 会場=白馬八方尾根(長野県)
 種目=大回転

■■ 上位選手成績 ■■

【男子立位】
1位 三澤 拓(順天堂大学)
2位 阿部敏弘(東日本高速道路株式会社)
3位 小池岳太(セントラルスポーツ株式会社)

【男子座位】
1位 谷口 彰(株式会社相模組)
2位 鈴木猛史(駿河台大学)
3位 横澤高徳(株式会社フヨウサキナ)

【女子座位】
1位 青木辰子(株式会社キッツ)

※詳細は下記URLをご覧ください。
http://www.jsad.or.jp/kiroku/kiroku2009.htm

なお大会終了後、バンクーバー・パラリンピックのアルペンスキー日本代表選手の追加発表が行なわれた。追加が決まったのは、以下の5人。

田中佳子
たなかよしこ
 女子座位(LW12-2)
 エイベックス・エンタテインメント株式会社
 1975年6月17日生まれ
 長野県出身 千葉県在住

東海将彦
とうかいまさひこ
 男子立位(LW3-2)
 DHLジャパン
 1973年11月13日生まれ
 東京都出身 東京都在住

横澤高徳
よこさわたかのり
 男子座位(LW10-2)
 株式会社フヨウサキナ
 1972年3月6日生まれ
 岩手県出身 岩手県在住

夏目賢司
なつめけんじ
 男子座位(LW11)
 白馬八方尾根スキースクール
 1973年12月4日生まれ
 長野県出身 長野県在住

山本光文
やまもとみつふみ
 男子座位(LW12-2 )
 めいほうぐるーぷ
 1974年9月20日生まれ
 静岡県出身 愛知県在住

第1次発表の6名、第2次発表の3名と合わせて、今回の発表でアルペンスキー日本代表選手は合計14名(女子座位3名、男子座位7名、男子立位4名)となった。
──────────────────────

2010年02月10日

ジャパンパラリンピック・スーパーコンビ 
~男子座位は森井、立位は三澤が優勝

2/10、白馬八方尾根(長野県)で行なわれている「2010ジャパンパラリンピック アルペンスキー競技大会」の2日目、スーパーコンビが行われた。

スーパーコンビは、パラリンピックではバンクーバー大会で初めて採用される種目。スーパー大回転と回転を1本ずつ、同日のうちに滑り、その合計タイムで競う。滑降に次ぐスピードでの高速ターンが求められるスーパー大回転と、すばやい動きで次々に旗門をクリアしていかなければならない回転という、まったく性格の異なる2種目を立て続けに行なうところが、独特の難しさになっている。

時おり激しく雨が降り、霧による視界不良も重なる厳しいコンディション。競技前半のスーパー大回転では、コースアウトし、途中棄権する選手が続出した。

その難しいコースコンディションに自らの滑りを的確に合わせてみせたのが、男子座位の森井大輝。後半の回転で、スピード系種目から技術系種目へと意識とテクニックの切り替えを成功させ、前半のリードをさらに広げて、優勝を果たした。

男子立位では、安定した滑りを2本揃えた三澤拓が、昨日の回転に続き優勝。また、高校生の山崎福太郎が2位に入る健闘をみせた。

また女子座位は、青木辰子が唯一出場。スーパー大回転、回転ともに視界不良の中、慎重な滑りでフィニッシュし、優勝した。

◆森井大輝のコメント◆
「1本目(スーパー大回転)は、高速系ではあり得ない悪条件の中、滑走した。雪面に叩かれて跳ね飛ばされそうになる危ない場面もあったが、テクニックでカバーした。体もほぼ100%回復し、バンクーバーでどんな条件にも対応する自信につながった」

◆青木辰子のコメント◆
「1本目(スーパー大回転)は、視界不良で次の旗門しか見えない中で、慎重な滑りを心がけた。2本目も無事にフィニッシュすることができた。バンクーバーに向け、調整はうまくいっている」

■■ 本日の競技 ■■

2010ジャパンパラリンピック アルペンスキー競技大会
 会場=白馬八方尾根(長野県)
 種目=スーパーコンビ

■■ 上位選手成績 ■■

【男子立位】
1位 三澤 拓(順天堂大学)
2位 山崎福太郎(長野県上田高校)

【男子座位】
1位 森井大輝(富士通マイクロエレクトロニクス株式会社)
2位 鈴木猛史(駿河台大学)
3位 夏目堅司(白馬八方尾根スキースクール)

【女子座位】
1位 青木辰子(株式会社キッツ)

※詳細は下記URLをご覧ください。
http://www.jsad.or.jp/kiroku/kiroku2009.htm
──────────────────────

2010年02月09日

ジャパンパラリンピック・回転 ~立位は三澤、座位は鈴木が優勝。

9日、白馬八方尾根(長野県)で行なわれている「2010ジャパンパラリンピック アルペンスキー競技大会」の初日、回転競技が行われた。

男子立位は三澤拓、男子座位は鈴木猛史が、それぞれ優勝。
また女子座位は、田中佳子が唯一出場。1本目は良い滑りを見せたが、2本目で途中棄権となってしまった。前日夜から降り続いた雨で、コースコンディションは良くなかったものの、ケガ人を出ず無事初日の競技が終った。

◆三澤拓のコメント◆
「1本目は慎重に滑ったが、2本目は攻めることができた。スラローム(回転)は得意。トリノは出るだけだったが、バンクーバーは着実に備えることができている。(今日のようにコンディションが)悪くてもレベルの高い滑りができるようになった。メダルをとりにいきたい。」

■■ 2/9 の競技 ■■

2010ジャパンパラリンピック アルペンスキー競技大会
 会場=白馬八方尾根(長野県)
 種目=回転

■■ 上位選手成績 ■■

【男子立位】
1位 三澤 拓(順天堂大学)
2位 小池 岳太(セントラルスポーツ株式会社)
3位 阿部 敏弘(東日本高速道路株式会社)

【男子座位】
1位 鈴木 猛史(駿河台大学)
2位 狩野 亮(株式会社マルハン)
3位 森井 大輝(富士通マイクロエレクトロニクス株式会社)

【女子座位】
 田中佳子(エイベックス・エンタテインメント株式会社)
 ※2本目途中棄権

※詳細は下記URLをご覧ください。
http://www.jsad.or.jp/kiroku/kiroku2009.htm
──────────────────────